« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月28日 (火)

ものに宿る魂

先日、テレビに、「シャネル」日本法人のリシャール・コラス社長が出ていました。実は百貨店勤務時代に一度お会いしたことがあるので、なんだか勝手に親しみを持って画面を見ていました。

18歳の時に旅した日本が大好きになり、後にCHANELJapanに。東京郊外のセカンドハウスは和風建築。明治維新をイメージした和洋折衷の書斎、千利休をイメージした茶室など、趣味を凝らした家ですが、要所要所に古民家から取り出した古材を使っています。
厚くて不透明な型板ガラス、素朴だけど丁寧なつくりの欄間。「もう、ないのよね。捨てちゃうんだもんね」といつくしむように触れるコラス社長。

他にも、知り合いが捨てようとしていたたくさんのこけしを、押入れに大切に保管してありました。「物の背景には、それを作った人の歴史、技術、苦労がある。物を捨てるというのは、その人の一部を捨てること」とコラス社長は言います。

そして、シャネルというブランドも、ココ・シャネルが作り上げたモードを大切に守り、新しいものを取り入れながらも、歴史と伝統を受け継いでいるからこそ、「シャネル」という名前で物づくりができるのだ、と。
日本でシャネルがこんなに人気があるのは、日本人がそういう姿勢に共鳴しているからではないかと。

日本は、新しいものを取り入れたり、外国の真似をするのがとても得意。それは悪いことだけではないけれど、それと引き換えに失っているものもたくさんあると思います。
日本には、日本にしかない良いものがたくさんあるのに、それをまるでみっともないことでもあるかのように、簡単に捨ててしまう。
そしてその結果、生活の中で、自分の国を誇りに思えることが、なくなってしまったように思います。
「美しい国」とスローガンを掲げるのは簡単だけど、今までと同じような再開発を続けたり、アメリカの顔色ばかりを見ていても、誰も日本を愛することなんてできないんですよ。

(なんて、熱く語ってしまった・・^^)

コラス社長にお会いしたのは10年近く前、社長に就任されてまもない頃でした。
とても若くてスマートで、一人ひとりに「おつかれさまです」と丁寧に声をかけて下さっていた姿を思い出し、
とても懐かしく思ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

ジャズにハマる

ゆっくりくつろげるカフェの雰囲気にあこがれて、最近ジャズを聴くようになりました。
ピアノジャズのビル・エヴァンス、軽快なマンハッタン・ジャズ・クインテッド、包み込むようなビリー・ホリデイのボーカル…。

少しノイズの入った柔らかいおとが、とても新鮮に感じます。
部屋の照明を落として、静かに流します。温かい飲み物を片手に、読みかけの雑誌をゆっくりめくり、夜長を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ガラス

ガラス

ガラス

先週、京都で、おじいちゃん2人が切り盛りしている不思議なお店に連れて行ってもらいました。そこで買ったステンドグラスの小皿です。
石垣島で買った琉球ガラスのグラスを乗せて、コースターとして使ってみました。
アクセサリーを置いたりもできるし、小さいケーキとか乗せても良さそう。

私って、ガラスのものが好きかも。
と、自分で、今ごろ気づきました。薄い繊細なもの、というよりも、少し肉厚で、素朴な存在感が気になるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

お月見は?

そう、昨日書いた十三夜の事。
「十五夜の時と同じ場所で」と書きましたが、かく言う私は旅行中…。

バッチリお月さまは見たものの、前回お月見スポット・自宅とは全然別の所におります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

うどんツアー②

うどんツアー②

うどんツアー②

3軒目の前に行ったカフェ「珈琲 珈蔵」。抹茶茶碗で飲むカプチーノが絶品。お庭もステキ。
別腹でサツマイモのタルトを食べちゃいました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さぬきうどんツアー

さぬきうどんツアー

夫の会社関係のお友達が香川にいらっしゃり、大阪から3家族でうどん食べ歩きツアーに案内してもらいました。
3軒目「明月亭」の鮭マリネとイクラの土佐醤油うどん。1450円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

明日は十三夜

明日は、旧暦の9月13日。

・・・何の日かご存知ですか?
実は、お月見の日なんですよ!!

よく知られている十五夜、中秋の名月は旧暦の8月15日で、今年は普通のカレンダーで行くと10月6日でした。

ススキを飾って、お団子食べて・・・。

しかし、日本独自の風習で、十三夜という日があるのです。
旧暦の9月13日。新暦では、今年は11月3日です。
この日は、その名のとおり満月ではなく、「もうすぐ満月になるな~」くらいの満月度?です。

この日は、十五夜に月を見たときと同じ場所で、お月見をして下さい。
十五夜にお月見して十三夜にしないのは、「片見月」といって、縁起が悪いとされておりますので、ぜひ是非にね。
ちなみに、お供え物はススキや団子ではなく、「枝豆」や「栗」などが正式だそうです。
(でも、今日行ったダイエーには、お月見団子売ってましたけどネ)

十五夜は、知ってる人が多いのですが、十三夜はもう知らない人がほとんどなのだとか。
私も知らなかったのですけどね・・・。

そういえば、「15の夜」て歌がありましたね~。
(尾崎はお月見を歌いたかったのでしょうか・・・んなわけないですね(^^ゞ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一瞬で心をつかむ

昨日は、大阪市西区にあるF社さんのファブリックショールームへ。
マンションオプション販売会の成績アップのためのミーティングです。
商品知識と、接客応対・伝票を書くときの注意点など、キメ細やかな内容。

商品知識は、ニーズの増えてきた防炎加工、F社さんの対応、価格算出の仕方、
ボイルレースのすそ仕上げの仕方と、伝票での指示のしかた、価格の算出などなど。

そして、現場に出る販売担当者からも、お客様にどんな風にお話したら、喜んでいただけるのか、カーテンをもっと買っていただけるのか・・・という内容で、お話を聞かせていただきました。
私が初めてこの仕事をしてから、(出産などで間が空きながらも)もう5年くらいになるのですが、改めて感じるところがたくさんありました。

マンションのオプション販売については、ここでも何度か書かせてもらっていますが、通常のICとお客様の関係とは異なり、その場ですばやくお客様との関係を作らなくてはいけない、というところが、非常に難しいのです。
インテリア商品は決して安い買い物ではないし、長く使っていただくものなので、ほんの1~2時間で、しかも空間の限られた会場で、決定するお客様も大変だと思います。

だからこそ、ICの力量がより必要になってきます。

ごあいさつする一瞬でこちらに対する信頼感を持ってもらい、アドバイスを聞いてみようと思っていただくことが必要。そのためには、第一印象が大切です。

そして、ICの側からも、お客様の求めていらっしゃるものをすばやく読み取る必要があります。そして、その方のニーズに合うような、適切な商品をさっとお見せする。
そのためには、どのメーカーにどんな生地があるのか、色展開はどうか、生地の機能性(防炎や遮光性)はどうか、組み合わせるレースはどれがいいかなど、熟知しておく必要があります。

お客様を目の前にして、ゆっくり調べる・・・なんてことはできないのです(^^ゞ

あれこれと選ぶ中で、今のインテリアのトレンドや、新しい情報などもお話できると、特に若いお客様は喜んでくださいます。
小さいお子様がいたり、ペットがいたりすると、お勧めするスタイルなども当然変わってきます。
とにかく、いろんな知識や、技術が必要な仕事だわ・・・と、改めて感じました。

・・・って、今頃感じてるんかい!と自分で突っ込んでおきます!(^^)!

最近、販売会に行くことが増えてきたせいか、ベテランでもないのに馴れ合いの気持ちが出てきていたなあと反省。
気持ちも新たに、また色んな勉強をして、それを現場で使っていきたいと思ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »