« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月22日 (木)

白浜④アドベンチャーワールド

2日目。
朝は6時くらいから全員起床し、元気いっぱいです。夫と子どもたちは、着替えて、海の方に散歩に行きました。
7時半からの朝ごはんまでに荷物を整理して、ご飯を済ませたらすぐにチェックアウト。
家族4人で泊まって、2食付いてて全部で3万ちょっとだったペンポケ、これからはペンションに限るなぁ~~~!!と思ったのでした。

アドベンチャーワールドの開園前にはゲートに到着。
初めにアシカショーに。
席を取ってから時間があったので、近くをうろうろしてたら、イルカが舞台裏で控えてるプールがあり、すぐ近くでイルカののんびり泳ぐ姿を見ることができました。
アシカショーは、ちゃんとしたストーリー仕立てで、途中、ビックリするようなドッキリもあって、あとヤギとかブタ君とかも登場して、笑いもいっぱいで、楽しかったです。

その後イルカショーに移りました。確かにすごいのですが、ちょっと間延びしてると言うか、今は何の時間?と思ってたら、実は失敗してた、みたいな事が多くて残念でした。
始まる前に正面に設置された大きなビジョンに、アドベンチャーワールドやプールの仕組みが紹介されて、そっちの方が興味深かったかも。白浜の温かい海水をくみ上げて、小さい発泡スチロールのビーズで何段階にも濾過して、雑菌などを取り除いて何万トンも使っている・・・といった説明。
そりゃ~入園料も高いよね!と納得しました。

ご飯をたべて(次男は、ラーメンに乗ってたかまぼこにパンダの絵が描いてあったのが嬉しくて、先日、家でうどんをした時に普通のかまぼこを乗せてたら、これかまぼこ?パンダ描いてないけど?と納得行かなさそう)
いよいよサファリへレッツゴー♪

サファリは2回まわりました。
初めに無料のケニア号というバスに乗り、その後もう一度、サイクリングサファリ。自転車を借りて、自力で回るのです。ここのサファリは、ナント歩く事もできます。もちろん肉食動物エリアには入れません(笑)。
途中でヤギ?に餌をあげたり、キリンの顔の高さのテラスで写真を撮ったり餌をあげたり。次男が臆することなくキリンに餌をあげてたのには感心しました。長男はなぜかしんど~い、とやる気なし。

それでもポニーに乗る?と聞いたら乗る!と言って、暑いのに長いこと並んで、乗っていました。パンダもチラっと見たし、ペンギンのお散歩も見れました。家族で2組に分かれて、ゴーカートにも乗りました。

それでもう、ヘトヘトです。
明日から学校、仕事、保育園なので、大阪には早めに戻らなくては。
遊園地や、海獣エリア(ラッコとかがいる)には行けませんでした。なんて盛りだくさんなところでしょう!
帰りにお土産屋さんに寄ったらイルカのぬいぐるみをねだられてしまい、わたしも嫌いでないのでつい買ってしまいました。
帰りの車で「名前は、ルカにしよう♪イルカのルカ、女の子やねん」「こう見えても運動神経ばつぐんっていうのはどう?」などと、そのイルカのキャラ設定を細かく考えていた、まだまだかわいい長男です。

子どもたちがだんだん大きくなってきて、これからの数年間が、一番家族で楽しめる時期かな?と思います。
今回は急に決まった旅行、雨が降ったりと大変だったけれど、みんながわがままを我慢して協力しあったからこそ、楽しく過ごせたね、と気づけたことが、大きな成果でした。

白浜レポート3

白浜レポート3

白浜レポート3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

IKEAポートアイランド

白浜レポートはまだ途中なのですが、先日、神戸にできたイケアにやっと行ってきたので、今日はその事をはさみます。

オープンしてから1ヶ月経ち、平日でもあったので、そんなに混んでいないかな・・・と思っていたのですが、けっこうな人出でした。

仕事を一件、近くで済ませてイケアについたのがちょうどお昼で、空腹だったので、まず2階のカフェに行きました。そこは食べ物はベーグルサンドとデニッシュ、あとはスイーツ類。飲み物は紙コップを渡されて、コーヒーはエスプレッソマシンでセルフサービスです。

イケアファミリーカードというのを作ってそれを見せると、ドリンクは無料です。

ベーグルサンドはラップに包まれていて冷たくて、これはどこかでチンするのかな?と思ってレンジを探したけど見当たらないので、そのまま食べました。冷たいままでも思ったよりは美味しかったけど。

さて食べる話はその辺にして。

商品のバリエーションはそんなに多くはありません。
同じものを何度も大量に並べて、価格とデザインをアピールする感じです。
たとえば、一個69円のマグカップがあちこちで紹介されてますが、色は3色しかないし、他のデザインはないのです。それが、広い店内のあちこちに、どん!と並べてディスプレーされてます。「これを買って帰って!安いでしょ!」と言われてる感じです。

家具については、システム収納がなかなか良かった。
クローゼットやキッチン収納、本棚、リビングボードなどの収納家具は、ほとんどがパーツを自分で組み合わせてプランするシステムになっていました。品質も良かったと思います。ただ、値段は安くなく、通信販売のシステム家具よりも少し高いくらいでしょうか。いや、自分で組み立てることを考えると、かなり割高かも。

キッチンもそれと同じように自分でプランニングできるようになっていた事には、驚きました。キャビネットのサイズやレイアウト、扉の材質・色、取手のタイプ、天板の材質・色、水栓などを選んで組み合わせます。
売り場に設置されたパソコンを使い、お客は自分で部屋のサイズを入力し、ドア、窓を書き込んで、キッチンのレイアウトを考えられるようになっています。

イケアは基本的に全てのものがパッキングされていて、巨大な倉庫から自分で車に積み込んで持って帰るようになっていますが、キッチンも例外ではないようです。スウェーデン人は、キッチンまでも自分で取り付けるのでしょうか!日本人でそんな事する人は滅多にいませんが・・・。もちろん、イケアに工事依頼もできます。確か18万円~となっていました。
完成形のキッチンが何点か展示されていましたが、L型で100万円くらいにはなるようです。天板は、人工大理石とステンレスの他に、メラミンボードというのがありましたが、かなりちゃちな感じでした。

わたしがキッチンを見ている横で、おばさまたちが
「うちのキッチンどんなんやったかな~。」「こんなに高さあったかな~?測ってこなあかんな~」などと話してましたが、イケアの徹底したセルフ主義に、至れり尽くせりサービスに慣れきった日本の消費者がどれだけ適応できるか、ちょっと疑問です。

1階に下りると照明やファブリック類があります。さすが、照明器具は充実してます。シーリングはあまりなくて、スタンドやペンダントが多いです。LEDを使ったものもありました。

ファブリックはほとんどがプリントで、ポップな色合い・グラフィカルな柄が多かったです。ここもセルフ主義で、お客が自分で布を測って、必要量をカットして、メーター単価に沿って自分で値段を打ち出して、カートに入れる、というシステムです。これも慣れないと大変だと思います。

アートフレームや花瓶、キャンドルはやたらと充実していました。
キッチン用品では、ステンレスのお鍋がなかなか良かったです。

わたしはあまりお金を持っていかなかったので、ペーパーナプキンやポプリ、花瓶など、安いものばかりちょこちょこと買って来ました。

一番気に行った戦利品は、鳥の形のライト。他にもオレンジや黄色、白もありました。
電池式で、¥299ナリ。

とにかく、どこに行っても何を買っても、イケアはセルフなのだ!という印象です。北欧は、自己責任と自立精神のお国柄ですからね~。日本人もそうなっていくなら、イケア方式も根付くでしょう。
それと品質に疑問のあるものでも、パッと見てデザインがいいので、コレいいじゃん!って思ってしまいます。よく見るとペコペコしてるものもあったので要注意です。
なかなかイイナと思うものは、値段を見ると安くはないです。そう言う意味では、品質と価格は一致しているので、後は買う側の見る目の問題かな・・・。

納得できる買い物するには、モノを見る目をしっかり養わないといけないでしょう。

などといいつつ、けっこう楽しんで帰って来ました。
でも、しばらくはもう行かないと思いますけどね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年5月13日 (火)

GW白浜旅行③ペンポケ

3時。宿泊先の「ペンションポケット」にチェックイン。
三角屋根のかわいい建物で、子どもたち大喜びです。それに、部屋の窓を開けると、目の下はボートが浮かぶ海。なかなかいい感じです。
ここはネットで見つけた宿なのですが、ネット上にたくさんの口コミ情報が出ていて、夫はずっとそれを読み込んできたので、ここについての事前情報がやたらと豊富です。
たとえば「洗面所においてあるコップが、紙コップらしい」とか(笑)。
あまりにもペンションポケットの話をし過ぎたせいか、来る前から「ペンポケ」と略している子どもたち。3ベッドルームの広い部屋に子どもたちは大はしゃぎで、ドスドスと飛び回って何度も叱られていました。

6時からの夕食までに時間があるので、外湯の「白良浜温泉」に行くことに。ペンポケから、入湯券を無料でくれます。
歩いて15分ほどなので、散歩がてらにゆっくりと歩いて出かけました。

白良浜の目の前にある、絶景の温泉です。海水浴の帰りにも良さそう。子どもたちは2人とも、お父さんが引き受けてくれたので、わたしはゆっくり温泉に浸かっていました。
しかし、昔ながらの銭湯タイプで、番台のおじさんから脱衣場が丸見えです(^^ゞ
しかも、お風呂から出て身体を拭いていると、隣のロッカーを使っていた人がカギを壊したらしくて、開かなくなり、番台のおじさんを呼んでくるではありませんか!!
(いや、わたしまだ、下はいてないんですけどぉ~~~)
20代だったら、もう絶対、そんなの嫌だったけど、今となっては実はそんなに困ってもなかったりして。そこがおばちゃんですかね・・・
帰りに隣のコンビニでビールを買いましたが、部屋には冷蔵庫がないので、厨房の冷蔵庫に入れてもらう事に。

夕食はご主人が作るフレンチ?のコースで、味は家庭的な感じですが、ゆっくり味わえます。下の子用には、ワンプレートのお子様メニューが用意されていました。

7時過ぎには夕食も終了、部屋に帰って子どもたちは速攻で爆睡。わたしは厨房からビールを出してもらって飲みながら、眠りにつきました。

夜中の2時頃でしょうか、ふと目が覚めて窓の外を見ると、一面の星空!!
少しだけ窓を開けて見上げていると、夫も眼を覚ましたので、しばらく一緒に夜空を眺めていました。大阪からそんなに離れていないのに、こんなにも違うんだな~と。
子どもたちにも見せたかったのですが、あまりによく寝ていたので起こしませんでした。
でも見せた方が良かったのかな・・・

明日は早起きして、いよいよ「アドベンチャーワールド」へ行くのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

GW白浜旅行②エネルギーランド

白浜エネルギーランドは、「地球のエネルギー問題を考える」というコンセプトの小さなテーマパークです。

メインホールでアニメとジオラマでその事を紹介していたり、壁にはエネルギー問題についてのパネルが貼られてたりしていますが、そこ以外では、ほとんどそれを意識することもなく、さほどカタクルしい場所ではなかったです。

色んなパビリオンのようなものが屋内・屋外にまたがっていて、適度なのんびり感もあり、なぜだか足湯もあり、ゆっくり楽しめます。

そんな中、わたしが感じたここの特徴は、単なる乗り物で楽しむのではなく「人の身体を使って楽しむ」事だったように思います。

たとえば、目の錯視を利用したトリックハウス。パースのグリッドが壁と天井、床に書かれた部屋では、部屋の奥にいる人が大きく見えます。

床が傾いた部屋では、ボールが高い方に転がったり、水が高い方に流れたり。座った椅子から、なぜか立ち上がれなくなったり。単純だけど、子どもも大人も写真を撮りながら、キャーキャー楽しんでいました。

そういった、人体のしくみや感覚を利用しての体験ができるのが、他とは違って面白いな~と思いました。

ホームページには2時間程度で回れると書いてあったのですが、うちは入場するまえに、エントランスのお土産コーナーで30分以上も過ごしてしまいました(笑)。
なぜか、恐竜グッズや化石などがいっぱいなんです(どうやら地球の地下資源、みたいなところにリンクしているらしい)。
ここで買った恐竜の卵は、水につけておくと3日くらいで恐竜が産まれてくるという、ロマンあふれるアイテムです。
その他、宝石磨きキットや、鉱物の原石など、子どもたちが興味をひかれたものをいくつか買って来ました。
夫は、実は「自分でスーパーボールが作れるキット」が欲しかったらしい・・・。確かに気になります(笑)。

我が家のリビングで産まれかけの、トリケラトプス

白浜②

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

GW白浜旅行①

ブログの更新をすっかり怠けているうちに、ゴールデンウィークが終わりました。
例年、連休中はどこに出かけても混んでるし。と自分たちで言い訳して、たいしたお出かけもしない我が家なのですが、今年はなんと、白浜一泊旅行を決行!
それもGWに入ってから急に行く気になったので、ネットで見つけた格安なペンションを急いで予約し、車で出発です。

1日目は雨。
今年のGW中、唯一の雨の日に旅行なんて、やっぱり「雨を呼ぶ家族」です。
しかも、がんばって早朝に出発したおかげで、朝8時過ぎには白浜に到着。
雨、けっこう強し。
当初の予定では、初日にアドベンチャーワールドに行くつもりで、小雨程度ならとレインコート持参してたのですが、さすがに変更。
朝からあいてる「とれとれ市場」へ。
ちょうど、届いた魚がおろされて、お寿司やお造りにされつつある時間帯。
ここで、並びたてのパックのお寿司を買って食べました。
雨のせいで、下手すると気分も沈みがちなので、ここは奮発。と言っても、激安です。
大トロ6貫1500円。サーモン5貫で500円。
う~んこれは、大阪のお寿司屋さんで食べたら、一貫でおいくら位になるのでしょう・・・
めちゃくちゃおいしかったです!
長男は宿題の絵日記にアドベンチャーワールドを書かずに、この大トロを書いたくらいです。

これでテンションが一気に上昇。機嫌よく、次の目的地「白浜エネルギーランド」に向かいました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »