« くらむぽんインテリアセミナー無事終了 | トップページ | 伊勢神宮 »

2009年4月29日 (水)

茶つぼに追われてトッピング

5月2日ごろ、八十八夜という日があります。
これは立春から数えて八十八日目ということで、新茶の葉を摘むのに適した時期。

ずいずいずっころばし ごまみそずい♪

というわらべ唄は、宇治で撮れた新茶を、江戸の将軍に届ける「お茶壷道中」という行列のことを歌ったものだそうです。

当時、この行列が通りかかったら、その沿道では庶民は、大名行列と同じように、土下座をしなければならなかったそうです。それだけ、宇治の新茶は尊ばれたということですね。

ずいずいずっころばしの歌は、

「お茶壷道中が通るから、子どもは家の中に鍵をかけて隠れていなさい。
ネズミが俵の米を食べても、お父さんが呼んでも、お母さんが呼んでも、出てきたらダメよ

そう言ったのに、出てきて遊んでいて、井戸の周りでお茶碗を割ったのは誰?」

というような、意味なのだそうです。

ウチの4歳の次男、
ず~いず~いずっころばし、ご~まみそずい♪

の後を、タイトルのように歌っておりました~(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆

そろそろ、お茶屋さんでも新茶が出てきています。
先日訪れた、紅茶ショップの「ルピシア」でも、色んな日本茶が並んでいましたよ!

サクランボやグレープフルーツなど、フレーバー付きの日本茶もあって、とっても新鮮です!
洋菓子にも合いそうですね。

5月は、新年度の緊張感が一段落し、ゴールデンウィークで遊びに出かけたりして、疲れも出やすい時期。「五月病」という言葉もありますね。

たまには、新茶の香りでリラックスタイムも、いいかもです^^

|

« くらむぽんインテリアセミナー無事終了 | トップページ | 伊勢神宮 »

季節・暦」カテゴリの記事

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶つぼに追われてトッピング:

« くらむぽんインテリアセミナー無事終了 | トップページ | 伊勢神宮 »