« | トップページ | »

2010年12月20日 (月)

SPIRAL式、モノの捨て方講座

「サントリーミュージアム天保山」の最後の展示、

を見に行ってきました。

サントリーの佐治さんと、安藤忠雄氏が共に夢を見たこの建築物、コマのように逆円錐の建物が大阪の海を見下ろして光ってます。

閉館後は大阪市が運営するらしいですよね。

ちょっと不安ですが、今後に期待したいところです。

  

さて、今日は大掃除の事を書きたいと思います。

なんでまた、寒くて忙しいこの時期に、大掃除をしなくてはならんのか、という疑問もあると思いますし、実際、春や夏に大掃除をする事を勧めている記事なんかもあります。

もちろん、カーテンを洗ったり網戸を外して洗う、などは暖かい時期の方がやりやすいですよね。

だけど、それをやったとしても、やっぱり家じゅうのお掃除は年末にしたい、いや、するべき、と、わたしは考えています。

なぁ~~~んでか?(←これ知ってる人??)

その答えはお正月にあります。

  

お正月には、各家々に神さまがやってこられます。

「歳神(としがみ)さま」というこの神さまは、大切なものを家族に届けてくれます。

それは…

「真新しい魂」

です。

  

新たな一年間、家族に病気やけががないように、家庭が円満であるように。

昨日までの古い魂は捨てて、真新しい魂でまた精進できるように。

(それが本来の「お年玉」)

  

お正月の飾り物や、おせち料理などは全て、この歳神さまをお迎えするためのものなんです。

玄関に飾るしめ飾り。

これは、神社や祭壇などに下がっていたり、神主さまが振っている棒??についている白いヒラヒラ、あれの代わりなのです。

要するに、「ここは神聖な場所です」というしるし。

家をきれいに清めて、神さまの宿る場所になってますという事なんです。

  

この事を知ってからは、お掃除をせずにしめ飾りを飾る事ができなくなりました。

全部年末に、とも思いませんが、やっぱり年末には気合を入れて、今年一年に溜め込んだものを吐き出し、新しい風が良く通るようにして、神さまをお迎えしたいと思います。

 

そこで(今日は長い^^) 

SPIRAL式、モノの捨て方講座。

家の中にあるモノを、いくつかのグループに分けます。

今使っているモノ 

よく使っているモノ

時々使うもの、または季節が変われば使うモノ(洋服や布団など)

たまにしか使わないが、必要なモノ(防災グッズやおひな様)

きっと二度と使わないモノ

持っていることすら忘れているモノ

  

どうでしょう?

下に行くほど、「自分自身」から遠くなっていきますよね。

置き場所ではなく、心理的な距離が。

下2つのモノは、自分の生活には必要なく、むしろ持ち続ける事が、生活の邪魔をしています。

ここをできるだけ減らすことで、上の4つのモノ(本当に欠かせないもの)のためのスペースが空いてきます。

モノのためのスペースだけではなく、人間のためのスペースも広くなります。

「今」自分の人生にとって大切なモノだけを選びとり、それだけを持って暮らして行けたら、きっとモノを大事に使えるようになるでしょう。

他の誰でもなく、自分にとって大事なモノは何か。

自分の人生は、何をする人生か。

そう思いながら家の中を見回すと、案外あっさりサヨナラできるモノが、たくさんあるように思います。

捨て始めたら快感で、やめられなくなりますヨ^^

なくなって困るモノなんて、本当にほとんどないんです。

……そうは言いながらも、去年も捨てたはずなのに、わたしもこの一年でたくさんの荷物が増えました。

  

気持ち良くスッキリとして、歳神さまをお迎えできるよう、

お互いに大掃除、お片付け、頑張りましょうね! 

  

--------------------------------------

今日も読んでいただき、有難うございますm(__)m

人気ブログランキングへ  ←ポチっとワンクリック、よろしくお願いします!

  

  

|

« | トップページ | »

季節・暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPIRAL式、モノの捨て方講座:

« | トップページ | »