« バルコニーお庭化計画&スケジュール管理 | トップページ | 地震。 »

2011年3月 9日 (水)

肌までかあさん

「毎日かあさん」を観てきました。

漫画家・西原理恵子さんの自伝というのか、

数年前に亡くなった、元夫の戦場カメラマン、鴨志田穣さんのことや、奔放な子どもたちとの生活のお話です。

改めて、女性はいろ~~んなモノを包みこんで、強く優しく生きて行く存在なんだと思いました。

あの夫を見たら、大抵の女性は「ウチのダンナはまだまし」と思えるはずです(笑)

子役の子たちも可愛くて☆

母と子のやり取りは、普通に自分とかぶりました^^

 

それにしても、キョンキョンの演技はすごいです。

演技と云うより、憑依してます、かあさんが。

映画の全編通して、基本的にTシャツにジャージの母ルック。これが不思議なほどにハマってる。

特別な美しい母ではなく、どこにでもいるごく普通のお母さんが、そこにいました。

肌の質感まで、ちょっと荒れ気味、ちょっとたるみ気味なのがリアルで。美しいだけの女優さんにはできない、役作りっぷりです。

きっと年を取ることを楽しんで、年相応の美しさを十分わかっているんだろうな。

改めて、キョンキョンが大好きになりました♪

 

さて、プリンターがやっぱりダメなので、お客様窓口にまた電話して、修理に出すことになりました。

前回電話した時の内容は記録されているはずなのに、なぜか電話の向こうのお姉さんは、ものすごく丁寧な言葉遣いで、前回と同じ、中のお掃除をさせる。

それでもダメだと、これまたごく丁寧に、説明書に書いてある「日常のお手入れ」紙送りローラーの掃除をしなさいと。

(どちらも、電話する前にやったのよね)

そこで、

「あの~~」

10日ほど前にも同じことで電話させてもらった、その時はおっしゃる通りの手入れをして、確かに一度直ったが、またすぐにこうして印刷ができなくなっている、こんなことの繰り返しでは、仕事にも支障がでる、今なら保証期間なので、その間に一度見てもらいたいと思うが、こうやって同じことを何度くりかえし、お電話したら、修理の段階に進ませていただけるのでしょうか。

と云ったような内容を、ごくごく穏やかにお話ししたところ、すぐに修理の受付をしてくれました(笑)

今日クロネコヤマトさんが、配送用の大きな空の段ボールを持ってきてくれたので、コレに入れて、修理センターに送ります☆

プリンターは予備があるけど、FAXの受信ができなくなるのが困ったものですが、数日、何とかします。

早く、元気になって帰って来てね~

  

明日は大阪ギフトショーに行きます。

強く優しいかあさんになれるように、仕事も頑張ります☆

  

人気ブログランキングへ ← ポチっとしてくださいね♪

  

  

|

« バルコニーお庭化計画&スケジュール管理 | トップページ | 地震。 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肌までかあさん:

« バルコニーお庭化計画&スケジュール管理 | トップページ | 地震。 »