« 気になる人と、お話をしてみた。 | トップページ | ひとりでねる »

2011年4月27日 (水)

クリエーションバウマン2011春コレクション

震災、津波、原発問題とずっと重苦しい問題が続き、地球環境と人間とのかかわりについてや、これまで享受してきた豊かさが、何を犠牲にして得られてきたものなのか、改めて考えざるを得ない状況です。

そんな中、タイミング的に合いすぎてる!ってくらい、バウマンの新作はエコを意識したものでした。

これまでのファッショナブルな先端デザインとは、明らかに違ってました。

ウール、コットン、シルク、リネンの天然繊維のコレクションは、色使いも白~ベージュ系が中心で、テクニカルな意匠もほとんどありません。

P1090499_small

いかにも肌触りが良さそうなファブリックたち。。。

このままシャツを作りたくなるような風合いです。

 

配布されたブックの中の解説では、こういった自然素材は、吸放湿性があること、温度を一定に保つ性質があること、

つまり余計なエネルギーを使わずとも快適な暮らしができる素材である事が、強調されました。

 

その一方で、自然素材はお手入れにも日常のお付き合いにも、ちょっとした心配りが必要です。 

だけど、不便だからこそ生まれて来る愛着というものは、必ずあると思います。

人間だって、自然の一部。

便利さばかり追求せず、そっちの方にちょっと戻るのもいいよね、とわたしはずっと思っています。

震災後、これから時間が経つにつれて、みんなの価値観は少しは変化するのか、それともだんだんと元に戻っていくのか、どっちなんでしょうね?

  

人気ブログランキングへ ← ポチっとして下さいませ♪

|

« 気になる人と、お話をしてみた。 | トップページ | ひとりでねる »

インテリアとかデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリエーションバウマン2011春コレクション:

« 気になる人と、お話をしてみた。 | トップページ | ひとりでねる »