« ひとりでねる | トップページ | 信楽 陶器市 »

2011年5月 3日 (火)

JR三越伊勢丹の内覧会に行ってきました

いよいよグランドオープンが明日になったJR大阪駅ですが、同時に開業する百貨店「JR三越伊勢丹」と、ショッピングモール「ルクア」の内覧会に出かけて参りました☆

インテリア、リビング用品中心に見てきました。

まず三越伊勢丹のインテリア売り場は、北欧一色でした!

デザイナー家具を扱う「hhstyle.com」がかなりのスペースを占め、北欧系ファブリックの専門店「FIQ」の、クッションカバーやポーチ類。

マリメッコなど北欧ブランドのプリント生地の切り売りも、かなり充実。

全体的にカジュアルな感じで、20~40代くらいの若い方むけのラインナップになっていました。

また若手デザイナーによる家具や雑貨もたくさんあって、「おしゃれで、いいもの」を求めている方に喜ばれそうです^^

リビング用品は、和食器にかなりのスペースが割かれています。

が、和食器と云ってもシンプルでカジュアルなものであったり、見せ方(ディスプレー、陳列)が洗練されていて、とてもスッキリとした売り場です。

イタリアンレストラン「ポンテベッキオ」のオリジナルテーブルウェアも販売されていましたよ!洒落たデザインの白磁の器がズラリと並んでいるのが、とても目を引きました。

    

それからこれまでの百貨店とちがっていたのが、紳士用品のフロアに、素敵なモノがたくさんあった事!

北欧オーディオの「バング&オルフセン」

フラワーデザイナー「ニコライ・バーグマン」のスタイリッシュなフラワーショップ。(紳士のフロアにお花の売り場なんて画期的!)

ルームフレグランスやバスソルトなども、紳士のフロアにも展開されていますよ☆

リビング用品のフロアにもフレグランスはあるのですが、紳士売り場のはデザイン的にスクエアな形だったり、色に深みがあったりと、男性にも手に取りやすいものが揃っていました。

(ワタシの個人的な好みも、どちらかと云うとこっちだったりしますが……)

 

あと……呉服売り場のそばにある、和雑貨やしつらいのコーナーも良かったです。

売り場の中に、8畳くらいのお茶室のような畳の部屋があって、ここは和のおけいこ事ができるスペースなのだそうです。

昔ながらのデパートらしい文化の香りがして、なんだか逆に新鮮でした☆

  

全体的には白を基調に、明るく開放的な空間作りになっています。

またゆっくり行きたいと思っています。

 (ルクアのレポートは、また改めて……)

  

 (ひゃ~!家族旅行の間、更新しなかったせいか、ランキングが無残な状態に!)

人気ブログランキングへ ←ぜひぜひ、ポチっとしてくださいね~!☆

|

« ひとりでねる | トップページ | 信楽 陶器市 »

インテリアとかデザイン」カテゴリの記事

コメント

おお〜、これは期待できそうですね。
梅田もずいぶん変ったんでしょうね〜。
いつか行かないといけない。

投稿: わた | 2011年5月 3日 (火) 22時46分

わたさん
めっちゃ変わりましたよ~!
明るいし、駅の南北が行き来しやすくなって、いい感じです。
三越伊勢丹は一言で言うと「ファッショナブル」です。
あ、小さいけどライカの売り場もありました~!

投稿: spiral | 2011年5月 4日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR三越伊勢丹の内覧会に行ってきました:

« ひとりでねる | トップページ | 信楽 陶器市 »