« 天神祭 本宮 船渡御その2 | トップページ | 天神祭 本宮 宮入り »

2011年7月27日 (水)

仮設住宅でシックハウス症候群

こんばんわ。

インテリアコーディネーターで、オンライン雑貨店「ヒビハル」店主の

水田です。

 

ちょっとインテリアモードに戻りたいと思います^^

 

2,3日前に、「仮設住宅でシックハウス症候群」との新聞記事を見かけました。 

わたしが読んでるのは毎日新聞ですが、ネットではこちらで、朝日新聞の記事が読めます

www.asahi.com/national/jiji/JJT201107250048.html 

  

内装の下地などに使う合板は、東北で生産されているものが多く、震災後は品薄になりました。

その為、震災後は輸入量が大幅に増えている(毎日の記事だと8割増)のです。

 

合板は薄い木の板を貼り合わせた物なので接着剤が多く含まれ、それが揮発して有害物質が出やすいです。

さらに輸入品は、輸送中の虫害を防ぐために、防虫剤が多く含まれている事が多いのです。

ただこういった有害な物質も、一定の期間をおけば、揮発する量が下がって行くので、建物の完成後、入居する前にしばらく換気を続けておけば、シックハウスの症状は出にくくなります。

仮設住宅のように急ごしらえで作り、完成後すぐに入居するようなケースだと、まだまだ有害物質の揮発が活発だったと考えられます。

シックハウスが大きな問題になった頃、関連の勉強会によく出かけていたのですが、「ドラマのセットなどは急ごしらえで、換気も少ないスタジオ内で使うので、タレントさんや役者さんに症状が出る人が多い」と聞いた事もありました。

もちろん、建材にはちゃんと規格があって、一般住宅に使用できる合板はJAS規格に適合したもののみですが、

「仮設住宅ではその基準が緩和されている」と、この記事では書かれています。

 

これも、問題ですよね~!

 

今回、症状を訴えたのは高齢の方という事でしたが、年齢に関係なく、被災地の方は長引く避難生活で疲れもかなりのものでしょうし、抵抗力は通常よりもずっと低くなっているでしょう。

急いで作っているものだとは言え、一般住宅よりも更に安全な条件で、住ませてあげてもらいたいです。

  

それでは皆さま、今日も読んで頂いてありがとうございました。

どうぞよい夢を。

お休みなさいませ。

人気ブログランキングへ ← ポチっとして下さいね♪ いつもありがとうございます。

  

 

 

|

« 天神祭 本宮 船渡御その2 | トップページ | 天神祭 本宮 宮入り »

世間話とか考えごととか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮設住宅でシックハウス症候群:

« 天神祭 本宮 船渡御その2 | トップページ | 天神祭 本宮 宮入り »